いわき市のエクステリア&ガーデンショップいわき市の弘進ブロック建設株式会社。生コンクリート、コンクリート製品、建材、資材、エクステリア商品、住宅の外構に関する専門ショップです。一般ユーザーの方にも販売致します。外構工事の設計・施工もご提案。息抜きに身近な出来事やいわきの情報も発信していきます。 

このページの記事目次 (タグ: エフロレッセンス の検索結果)

ブロックから流れる白い物体!白華現象

   ↑  2010/11/17 (水)  カテゴリー: マテリアル
よくブロック塀から白く泡のような物体が吹き出しているのを見かけた事がありませんか?

ここまで酷くなくても製品の表面に白く現れる現象。

それが白華(エフロレッセンス)です。

今日は白華のメカニズムについてお話ししたいと思います。

白華発生の原因はセメント硬化体中に含まれているアルカリ成分が、水溶液として表面に運ばれ、

そこで水分のみが蒸発して表面に白い結晶として現れます。これが白華(エフロレッセンス)です。


白華が発生しやすい条件に当てはまるのは次の通りです。

1.水分 
雨や水たまりなどの影響で発生しやすくなる。吸水率の高い製品にも注意が必要です。

2.時期 
製造後間もない若材齢時に発生しやすい。

3.季節
冬場の低温・高湿の時期や梅雨などの雨が多い時期に発生しやすい。

4.風
風が当たると水分の蒸発が進むため。

5.施工
モルタルなどからも多く発生する。またカラネリモルタルは発生の可能性が高い

ココが大事

白華が発生したからと言って製品の性能や強度が損なわれたりすることはありません。

白華が出るということは、それだけ含まれるセメントが多いため、強度が高いという事になります。

また、環境への悪影響もありません。

ただ、コンクリート表面に白い結晶が現れるので意匠性が損なわれることがあります。

白華はコンクリート、レンガ製品特有の現象であり、完全に防ぐことは不可能です。

しかし対策をとることにより、ある程度の予防・除去が可能です。


-----白華の予防策-----

まず第一にコンクリートブロック内部へ水が侵入するのを阻止すること、すなわち防水対策を講じることです。

アクアシール(浸透性吸水防止剤)

コンクリート・モルタル等に深く浸透し優れた撥水性・吸水防止効果を発揮します。

この吸水防止層が水の移動を約1/10に低減させ、白華防止や汚れ、カビの発生等を防ぎます。

但し、塗った表面がテカテカしますので意匠性が変わる事もあります。

4L/缶   5.670円

16L/缶  18.900円

施工面積(原液4L当り ブロック・レンガ 壁面部約7.5㎡)


-----白華除去のしかた-----

白華が綿状で薄い場合は、水洗いによって容易に除去できます。

強固で厚い場合、ワイヤブラシなどで削るか、白華除去剤で溶解させた後、十分に水洗いをします。

アクトル(白華除去剤)

塩素系の水溶液でセメントのアルカリと中和する作用によって白華を除去します。

4L/缶  7.875円

20L/缶 35.438円

1L当り4~8㎡の施工が可能です。

当社にて販売しています。(取り寄せ商品)


この記事は2年前にもブログにアップしていますが、多くの人に白華は製品による欠陥では無い事を

お伝えする為に再度取り上げました。


===弘進ブロック建設株式会社===
福島県いわき市平原高野字伊勢前80
TEL:0246-34-3034 FAX:0246-84-7676
いわき市で外溝やエクステリアのことなら弊社まで
メールにてお問い合わせ・ご注文もお気軽にどうぞ
E-mail:koushin34@gmail.com 
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へポチっと押してください。お願いします^^v

===弘進ブロック建設株式会社===
福島県いわき市平原高野字伊勢前80
TEL:0246-34-3034 FAX:0246-84-7676
いわき市で外溝やエクステリアのことなら弊社まで
メールにてお問い合わせ・ご注文もお気軽にどうぞ
E-mail:koushinblock@gmail.com

この記事に含まれるタグ : 白華  エフロレッセンス ブロック レンガ モルタル 

(記事編集) http://koushinblock.blog88.fc2.com/blog-entry-421.html

2010/11/17 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。