いわき市のエクステリア&ガーデンショップいわき市の弘進ブロック建設株式会社。生コンクリート、コンクリート製品、建材、資材、エクステリア商品、住宅の外構に関する専門ショップです。一般ユーザーの方にも販売致します。外構工事の設計・施工もご提案。息抜きに身近な出来事やいわきの情報も発信していきます。 

このページの記事目次 (タグ: 石炭カス の検索結果)

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へポチっと押してください。お願いします^^v

===弘進ブロック建設株式会社===
福島県いわき市平原高野字伊勢前80
TEL:0246-34-3034 FAX:0246-84-7676
いわき市で外溝やエクステリアのことなら弊社まで
メールにてお問い合わせ・ご注文もお気軽にどうぞ
E-mail:koushinblock@gmail.com

(記事編集) http://koushinblock.blog88.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

コンクリートに厄介な石炭のカス。

   ↑  2012/12/21 (金)  カテゴリー: コンクリート製品
ウィキペディアによると常磐炭田とは20世紀前半に、福島県富岡町から茨城県日立市までに

広がって存在した炭田である。

今もいわき市の山や地下深くには石炭が埋まっているそうです。

生コンの骨材は地場の山から採取したものを使用していますが地層によっては

いわき市内に埋まっている石炭のカスも一緒に骨材に混ざってくる事があります。

写真は土間コンクリートを打設した現場です。


矢印の3点の茶色が炭カスです。


拡大してみるとこのように表面に浮き出てきちゃいます。

炭カスは軽いのでどうしても表面に出ちゃうのが難点です。

このような現象は頻繁にではないのですが地層によっては出る場合もあります。

これはどうしても防ぎようのない自然現象なのでいわきは炭坑の町だったと認識するしかありませんね。

その土地の自然の材料ですので上手く付き合って行くしかありませんね。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へポチっと押してください。お願いします

===弘進ブロック建設株式会社===
福島県いわき市平原高野字伊勢前80
TEL:0246-34-3034 FAX:0246-84-7676
いわき市で外溝やエクステリアのことなら弊社まで
メールにてお問い合わせ・ご注文もお気軽にどうぞ
E-mail:koushinblock@gmail.com




スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へポチっと押してください。お願いします^^v

===弘進ブロック建設株式会社===
福島県いわき市平原高野字伊勢前80
TEL:0246-34-3034 FAX:0246-84-7676
いわき市で外溝やエクステリアのことなら弊社まで
メールにてお問い合わせ・ご注文もお気軽にどうぞ
E-mail:koushinblock@gmail.com

この記事に含まれるタグ : いわき市 生コン 石炭カス 

(記事編集) http://koushinblock.blog88.fc2.com/blog-entry-1057.html

2012/12/21 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。